So-net無料ブログ作成
検索選択

いろり村の夏休み 15 [いろり村]

お盆も過ぎてしまいましたがお休みなしで走っているいろり村です。
とはいえたまには休まないと、ということで今週末8/22(土)にお休みします。
9月には10周年村祭りもやりますのでそちらもよろしくお願いします。

アナログオーディオ [いろり村]

オーディオ2.JPG
レコードCD。カセットテープのアナログ音源を再生出来るオーディオを組みました。CDラックも自力で作成して大満足。いい音で再生中です。

貸切りのお知らせ [いろり村]

5/27(水)と6/1(月)の両日は貸切り営業となります。
申し訳ありませんが何卒ご理解お願いします。
その他の通常営業日に是非お越しください。
お待ちして居ります。

いろり村の黄金週間 [いろり村]

カレンダー通りの営業です。
5/2(土)は通常営業で5/3(日)~6(水)は4連休。
5/7(木)からは通常営業に戻ります。
よろしくお願いします。

東京ドーム  4/25 2015 [音楽]

ポールマッカートニーの東京2日目の土曜日に参戦。ドキドキであります。開園予定時間を30分ほど過ぎてビッグスクリーンに映像が流れてだんだん照明が落ちていきます。やがて大歓声の中、ポール登場。MCなしで始まったイントロは大阪セットリストにあった「マジカルミステリーツアー」ではなくて「エイトデイズアウィーク」。ノリのいいロックンロールに最初から総立ち。ここから約30曲を怒涛のノンストップ演奏。残響がひどい印象だった東京ドームですが、今日は気になりません。音響が飛躍的に改善されています。バックバンドはギター2本とキーボードにドラムのシンプルなユニット。ポールがギターを持つと一人がベースを弾き、キーボード奏者もパーカッションやギターを持ちバックコーラスもみんなでこなすマルチタスクなメンバー。ポールはベース、ギター、グランドピアノ、アップライトピアノ、ウクレレと持ち替えながら熱唱。ハイトーンは少し苦しいものの72歳とは思えないボーカルです。ジョージに捧げると歌い出した「サムシング」はウクレレだけの軽い感じで始まりすごく親密な歌い方。ジョンのために「ヒアトゥディ」を、リンダのために「恋することのもとかしさ」を歌うポールを観ていると、目頭が熱くなりました。「死ぬのはやつらだ」の火柱があがるド派手な演出に興奮し「オブラディオブラダ」と「ヘイジュード」で合唱して幸せな気持ちでいるとメンバーが全員で手をつないで終演のご挨拶。アンコールは3曲を演奏して引っ込み2回目のアンコールではギター1本の「イエスタディ」。終わって引っ込む仕草のポールを袖で待ち構え押し返すローディーとのやり取りがあり「もっと歌えって」と言いながらセンターへ。「ヘルタスケルター」を演ったあと「ゴールデンスランバー」から「ジエンド」までのアビーロードB面ラストのメドレー!最後の最後に「ハーマジェスティ」も演ってくれ、と思ったのは僕だけでしょうか?でも、大満足の3時間でありました。

HP復旧 [いろり村]

いろり村のHPが1月末から見られなくなっていたことが判明。
この2日間の対応で復旧しました。
しかし2か月もの間気が付かなかったのもどうなんだろう?
http://irorimura.net/

3/28(土)はお休みします [いろり村]

今週末の土曜日は法事のためいろり村はお休みします。
お彼岸が過ぎた次の週末、ちょうど桜の花が咲き始める時期の義父の一周忌です。
もう1年なのか、まだ1年なのか、どちらでもありどちらでもない感じがします。
願わくば花の下にて春死なんその如月の望月の頃
好きだった西行法師の歌のように春に亡くなった義父の思い出を語り合ってきます。

春の予感 [いろり村]

寒さが峠を越した感じがします。
通勤時にバイクグリップカバーを付けなくなりました。
気温が3度を下回ると、これがあっても指先の感覚がなくなるのです。
今日からはジーンズの下のヒートテックもはいていません。
♪春の予感そんな気分~
シンシアの歌声が脳裏をかすめました。

俺たちに明日はない [映像]

昼下がりに洗濯物をたたみながらTVをつけたら「俺たちに明日はない」をやっていました。
久しぶりに観るとマイケルJポラードが良いということに改めて気づきます。
3枚目の脇役なのに目がきれいで存在感がすごい。
レッドフォードと共演した「お前と俺」も良かったですよね。
レッドフォードといえば「明日に向かって撃て」
同じくアメリカンニューシネマの名作で同じく銀行強盗の話。
ラストシーンで政府側に打ち殺されるのも同じなら原題がコンビ名「ボニーアンドクライド」「ブッチキャシディアンドサンダーズキッド」。
邦題に「明日」がはいっていることまで同じなのであります。

白バイ [いろり村]

今日の通勤時、いつものようにバイクで甲州街道を東上していました。
井の頭通りと環七を超える陸橋のところはスピードが出やすいので僕は70㎞/hを超えないように注意をして走っていました。
おわまりさんは15㎞/hオーバー以下はほぼ捕まえないという経験則からきた僕の自衛策です。
と、その時バックミラーに映ったのは赤色灯を回しながら近づいてくる白バイ!
え、なんで?と思いながらも心臓バクバクであります。
僕の横につけた白バイのおわまりさんはスピーカーで「もう少しスピードを落としてくださいね」と言うとそのまま走り去りました。

フーッ、セーフ!
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。