So-net無料ブログ作成
検索選択

東京ドーム  4/25 2015 [音楽]

ポールマッカートニーの東京2日目の土曜日に参戦。ドキドキであります。開園予定時間を30分ほど過ぎてビッグスクリーンに映像が流れてだんだん照明が落ちていきます。やがて大歓声の中、ポール登場。MCなしで始まったイントロは大阪セットリストにあった「マジカルミステリーツアー」ではなくて「エイトデイズアウィーク」。ノリのいいロックンロールに最初から総立ち。ここから約30曲を怒涛のノンストップ演奏。残響がひどい印象だった東京ドームですが、今日は気になりません。音響が飛躍的に改善されています。バックバンドはギター2本とキーボードにドラムのシンプルなユニット。ポールがギターを持つと一人がベースを弾き、キーボード奏者もパーカッションやギターを持ちバックコーラスもみんなでこなすマルチタスクなメンバー。ポールはベース、ギター、グランドピアノ、アップライトピアノ、ウクレレと持ち替えながら熱唱。ハイトーンは少し苦しいものの72歳とは思えないボーカルです。ジョージに捧げると歌い出した「サムシング」はウクレレだけの軽い感じで始まりすごく親密な歌い方。ジョンのために「ヒアトゥディ」を、リンダのために「恋することのもとかしさ」を歌うポールを観ていると、目頭が熱くなりました。「死ぬのはやつらだ」の火柱があがるド派手な演出に興奮し「オブラディオブラダ」と「ヘイジュード」で合唱して幸せな気持ちでいるとメンバーが全員で手をつないで終演のご挨拶。アンコールは3曲を演奏して引っ込み2回目のアンコールではギター1本の「イエスタディ」。終わって引っ込む仕草のポールを袖で待ち構え押し返すローディーとのやり取りがあり「もっと歌えって」と言いながらセンターへ。「ヘルタスケルター」を演ったあと「ゴールデンスランバー」から「ジエンド」までのアビーロードB面ラストのメドレー!最後の最後に「ハーマジェスティ」も演ってくれ、と思ったのは僕だけでしょうか?でも、大満足の3時間でありました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。